アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
H氏物語
ブログ紹介
いつも訪問ありがとうございます。楽しい話題の提供と更新頻度のUPを目指します。引き続きよろしくお願いします。
zoom RSS

まさか

2019/03/03 13:28
本日開催された東京マラソン。

日本記録保持者の大迫選手がどんな走りで優勝争いをするかが注目されましたが、何とまさか29qで途中棄権。
かなり寒そうにしていたので、低体温症になったのかもしれませんね。

日本人トップには、こちらも何とまさかの中大・堀尾謙介選手。
権太坂で3年間追いかけた選手がここ一番で意地を見せてくれました。
画像
※写真は2年前の箱根駅伝2区権太坂で学連選抜として出場した時のもの。

この春卒業しますが、トヨタ自動車に就職してからも頑張ってほしいですね。

卒業するもう一人のエースで、ホンダに就職する中山顕選手もこれくらい走れるのではないかと思うと、中大の育成力は素晴らしいものがありますね。

あいにくの降雨で現地応援できなかったのが本当に悔やまれます。

堀尾選手。
すみません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


追浜マラソン2019

2019/02/17 15:15
本日は、毎年恒例の追浜マラソン。しかも、「観戦」ではなく、「参戦」。
画像
天気は曇り(追浜駅到着時は晴れ間もありましたが、ずっと曇りでした)。
気温は6度台と絶好のコンディション。

この日のために、クリスマス、年末年始、お正月も走り続けてきました。
先月末に流行したインフルに家族が罹っても、自分だけは元気でした。

当然いいタイムを狙いたい。しかし、練習のし過ぎか体が重い。

そんな感じでスタートしました。

序盤あまり無理せず走りますが、思ったよりタイムが出ません。

5q時点でPBは諦めます。

いつもは、フォームのキレイな女性につくことにしていますが、周囲には、おっさんかおじいさんしかいません。

仕方なく、結構速いおじいさんの後ろと決めました。

キツイ6〜8qを引っ張ってもらい、残り2kmでギアチェンジすると、おじいさんを突き放し、4分40秒/q、最後も4分30秒/qでFINISH。

最後の200mで10人以上を抜かす力走。

最後に垂れてしまう悪癖を解消しました。

子どもらと毎週ポイント練習をやってきた効果がここで出ました。

結果は48分10秒台。
PBが出ませんでしたが、最後の走りには手応えを感じました。

次はどこに出るか未定ですが、また頑張りたいと思います。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


第41回神奈川マラソン観戦

2019/02/03 19:01
今日は、磯子駅まで、駅伝選手が多数参戦する神奈川マラソンを観戦。

10qの部では、中大の森凪也選手が独走での優勝。
画像
さすがは5,000mのトラックで成長著しい強さを見せつけてくれました。

この後、同レースで、ライオンさんが快調に通過。
画像
「最後に(ペース)落ちた〜」と言いながら、ゴールを目指します。
さすがの走りでした。
お疲れさまでした。

11:30からはハーフマラソンがスタートしました。
画像
毎年のことながら、青学の学生が多数出走。
前回の箱根で、山の神候補ながらも失速してしまった竹石選手が引っ張る形です。

この後も、目の前を2回通過して、最後のゴールを待ちます。
画像
1位は法政大の坪井選手。
前回箱根6区の選手です。

この後、2位は青学大の吉田祐也選手。
画像
この後も青学勢を中心にどんどんゴールに向かっています。

スタート・約7q地点・約14q地点・ゴール前と20分間隔で選手たちが近づいてきますので、何度も楽しめます。

箱根駅伝から約1か月。
箱根ロスの駅伝ファンにはたまらない大会ですね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


稀勢の里引退

2019/01/16 09:30
横綱稀勢の里にとって、進退のかかった大事な初場所。
画像
先場所1勝もできず、休場しただけに、不安はあった。

やはり、その不安は的中。

初日から3連敗。

昨日の一番で終戦。

国技館は悲鳴と落胆に変わった。

観客もわかっていた。

今日で終わりであることを。

あの左胸のケガがなかったらと残念だが、時計の針は戻せない。


久しぶりの日本人横綱。

プレッシャーもあっただろう。

思うように体も動かなかったのだろう。


今はゆっくり休んで、今度は「嫁とり」に励んでもらいたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2019箱根駅伝・復路(遊行寺坂下)

2019/01/03 15:56
小田原中継所から小田原駅まで戻ってくるのに時間がかかり、当初予定の大磯駅はスルーし藤沢駅付近の遊行寺坂の下で観戦。

観戦に向かっていると、昨日3区区間賞の青学大の森田選手を発見。

子どもにそれを伝えていると、今度は真後ろに、東海大の鬼塚選手と關選手がいました。


どうも、この藤沢駅は、往路で走ったメンバーが声援に来やすい場所のようです。

青学の輪には昨日の他の往路メンバーと原監督夫人もいました。

興味がある方は、通過時刻あたりにうろうろしてみるのもいいかもしれません。

首位争いは東洋大と東海大。
画像
観戦ポイントは、丁度東海大の小松選手が抜け出したところでした。

こういう駅近の観戦場所は、トップを争うチームの関係者は自チームの選手が通過すると、いなくなるので、応援スペースが空きますから、後発応援者にはチャンスになります。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


2019箱根駅伝・復路(入生田)

2019/01/03 15:25
今日も箱根駅伝観戦。

今日は復路6区の小田原中継所を目指します。

8:07風祭駅到着では、さすがに遅く、小田原中継所での観戦は大混雑でかないません。

一駅、箱根湯本方面に上った入生田駅近くで観戦。

この辺りは、平地になっていて、傾斜のある坂を駆け下ってきた選手には、上り坂に感じるとまで言われています。

ですので、選手たちにとって最も苦しい場所になるのです。

1位は東洋大の今西選手が苦しい表情ながらも快調に通過。
画像
昨日のいい流れを持続しているようです。

東洋大との差を少し詰めて、2位で東海大の中島選手。
画像
こちらも快調です。

次はどこだっけと待っていると、箱根の山中に大きな声が鳴り響いています。
駒大の大八木監督です。
画像
威勢がよく、通りのいい声が響き渡っていました。

そして、区間新記録を樹立した青学大の小野田選手。
画像
走りは快調もさすがに表情は苦しそうでした。

その後も続々と選手たちが最後のエネルギーを絞り出す走りを見せてくれました。

この後、入生田駅から電車に乗ろうと思いましたが、大混雑必至ですので、小田原駅まで軽くジョグりながら向かいます。

小田原中継所を過ぎてからは、人もまばらになってくるのですが、それでも40分ほどかかりました。

来年は、箱根湯本まで行って、函嶺洞門付近で観戦したいと思います。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


2019箱根駅伝・往路(権太坂)

2019/01/02 17:37
地元保土ヶ谷駅に到着。

ここは駅からすぐに国道1号線があるため、観戦したい人に大人気です。

しかし、ここはスルーして、いつもの権太坂を目指します。

権太坂の頂上から200mほど下ったところで待ち受けます。

夢に見た母校中大のトップ通過。
画像
中大堀尾と東洋大山本修二が通過していきます。

正直、感動しました。

この後、4位集団。
画像
東海大、青学大、法大など。

最後の大東大が通過するまで時間がかかりましたが、温かい声援を送ります。

初めて、気分がスカッとする権太坂でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

H氏物語/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる